投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 徳富蘇峰(14)(岩さん)
  2. ●やっぱり演歌を聞くと癒されるね(127)(管理人)
  3. 高山市・新火葬場について意見交換(27)(管理人)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


沖縄

 投稿者:夕日  投稿日:2018年 3月27日(火)13時46分13秒
返信・引用 編集済
  ワシもこの月に沖縄へ行ってきた。
はじめての沖縄だった。でももう若くないし泳ぎの楽しみも無し。また行きたいとは思わなかった。

感想。
コンクリート製の家が多かった。爆弾誤爆をおそれてか、落下物が怖いのか。
「わ」と「れ」のナンバーばっか走ってる。レンタカー屋ウハウハ、お返しの際も行列待ち。
道路がバカに整備されていた。税金をだいぶ国から分捕っているらし。
その割に渋滞が頻発。ナントカの脳みそってことやろか。
彼方此方の墓が王侯貴族並にデカかった。
役所建築はアンコールワットばやり。名護に至ってはジャングルジム。
米軍機が飛んでるのを見たのは滞在中(4日間)2回ほど。聞いて想像してたのとはだいぶ違った。
辺野古を見ておきたかったが、行けず残念。
白百合の塔が意外に小さかった。なんであんな穴倉に逃げ込んだんだろう?此処ばっかしは涙が出そうになったのでサッサと去った。
摩文仁の平和記念公園はバカみたいに広かった。
シナ人らしい若者が多かった。高山で見る連中と違いガタイがしっかりしているように見えた。
守礼門も残してあるし、シナ人はもうそろそろ食い頃と思ってるのかもしれん、と思わず…

 

天皇沖縄訪問 命とうとし平和を願う

 投稿者:飛騨の山猿  投稿日:2018年 3月27日(火)12時07分30秒
返信・引用
  天皇、皇后両陛下が二十七日から沖縄県を訪問される。太平洋戦争では地上戦が繰り広げられ、戦後も米軍の施政下に置かれた。在位中では最後の訪問となりうるだけに陛下の強いお心が伝わる。

 両陛下には「忘れてはならない四つの日」がある。終戦の日、広島と長崎の原爆被災日、そして六月二十三日の沖縄慰霊の日である。その日は沖縄戦で組織的戦闘が終結したとされ、陛下は毎年欠かさず、黙とうしているという。

 それほど沖縄には格別な思いがある。昭和天皇も生前、「沖縄県に行くことはできないか」と漏らすほどだったがかなわなかった。それも重い事実としてある。

 陛下の沖縄訪問が実現したのは、皇太子時代の一九七五年のことだ。だが、慰霊碑の「ひめゆりの塔」の前で、活動家に火炎瓶を投げ付けられる事件も起きた。即位後の九三年には歴代天皇として初めて沖縄県を訪れ、「ひめゆり平和祈念資料館」で、ひめゆり学徒隊の話をお聞きになった。

 近年では二〇一四年にご訪問され、学童疎開船「対馬丸」の犠牲者を慰霊した。太平洋戦争中に米軍の魚雷攻撃を受けて沈められた船である。戦争の影が消えぬ地であり、陛下もそれを忘れぬ思いが強い。そう感じられる。

 今回の沖縄訪問は、戦後七十年を迎えるに当たって訪れた一四年六月以来で、皇太子夫妻時代も含め十一回目となる。

 初日は糸満市の国立沖縄戦没者墓苑で、沖縄戦で亡くなった犠牲者を慰霊するほか、二日目は与那国島を訪ね、日本最西端の碑や日本在来馬の一種「与那国馬」などを視察する。

 これは退位の意向をにじませた一六年のビデオメッセージで島々への旅を「天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました」と語ったことにも通じる。過去には伊江島や宮古島、石垣島、久米島を訪問している。

 <みそとせの歴史流れたり摩文仁の坂平らけき世に思ふ命たふとし>

 皇太子時代の七六年の歌会始で詠まれた歌である。むろん、その前年に沖縄の摩文仁を訪れたことを踏まえている。住民を巻き込んだ大激戦地である。県民の四分の一が犠牲になったという。

 来年の四月末で退位する。その陛下が大事にされる公的行為として、沖縄の地を踏む意味は一貫し、慰霊と平和を願うお気持ちに他ならないであろう。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2018032702000111.html

安倍首相と政府は、この天皇のお気持ちを全く理解していないと思う。
 

米、鉄鋼関税25%アルミ10%

 投稿者:ぽっくる  投稿日:2018年 3月27日(火)11時14分34秒
返信・引用
  日本は残念ながら適用外とはならなかったようです。
といっても日本からの鉄鋼関連は特殊性が高く代替ができずらいものばかり。以前スーパー301とかでやられたときもアメリカ国内企業が生産停止に追い込まれ慌てた通商代表部が即刻解除した話は有名でした。今回も日本にとっては軽微になると思われます。
 

天皇

 投稿者:米村  投稿日:2018年 3月27日(火)08時43分48秒
返信・引用 編集済
  権力者を「思いいたわる気持ち」つまりペコペコする姿勢は人の本能だが
天皇制は廃止し、総理大臣など日本国内の多くの権力者を思いいたわる気持ちがあればいい。

今上天皇には気品があるが
昭和天皇は外見がダメで海外からも「日本の王はうだつが上がらないなー」と
日本の名誉を損ねていた。

http://m3s.dousetsu.com/0.html

 

Re: 天皇陛下:

 投稿者:K   投稿日:2018年 3月26日(月)16時25分14秒
返信・引用
  > No.9490[元記事へ]

岩さんさんへのお返事です。

仁治による弊害を排し、普遍性のあるルールを明文化するのが法治であって、法を運用するのは仁によるところでなければならないはず。そうならない状況を、わが国では、仏を作って魂を入れずと言う。

そんでもって、わが国の法は、魂の抜けた仏さんが多くなってきている。よって、民草は法の奴隷となっている。

今の為政者は、右を見ても左を見ても、つまるところは自分たちのイデオロギーに従って、民草を奴隷にしたいだけの話。

徳と仁の象徴でもある天皇皇后両陛下がおられなければ、この日本は大変なことになっていたでしょう。(礼
 

韓国、憲法改正

 投稿者:ぽっくる  投稿日:2018年 3月26日(月)14時43分44秒
返信・引用
  大統領任期を5年1期から4年2期まで可能とする。
------------------
1948制定以降今回で10回目となる改正だそうでこうなると文在寅は2025までの任期
となる。しかしそれまで韓国という国が存在してるんだろうかという疑問も残る。
 

創価学会

 投稿者:米村  投稿日:2018年 3月25日(日)19時29分23秒
返信・引用
  創価学会に行き受付の信者2人に相談したが
「私にはリコー社員に知人がいない」
と消極的姿勢でサッパリ。

http://m3s.dousetsu.com/0.html

 

天皇陛下:

 投稿者:岩さん  投稿日:2018年 3月25日(日)08時26分17秒
返信・引用
  日本人としては、天皇陛下を思いいたわる気持ちが大事、必須でしょう。
今の方は、天皇陛下が、我ら日本国民を思いいたわるとお思いでしょうが、
我ら日本国民が、天皇陛下を思いいたわることが必須でしょう。
そういう気持ちが日本国民の中から消えないならば、この日本国は守られましょう。
共産党を危ぶむのは法治に走り過ぎる恐れがあるからです。仁治を忘れて法治を主とすれば、
危うし。そういう危惧を感じるということですね。
共産党の方、人は悪くはない。然し法に走り過ぎる。その行く先は日本国がなくなるということです。今の日本人も、又法治万能です。法の前に仁治あり、これが大事です。

天皇陛下を守ることは、日本国を守ることと同義でしょう。
天皇陛下が大事にしてこられたご伝統は、私たち日本国民は断固守ってやらねばなりません。
これが私が生涯を通して学んで来たことの愛国の情です。

わかりにくいでしょうが、これが私が学んで来た日本人としての、最低の、必須の学習、学問です。よろしくお願いします。
 

創価学会

 投稿者:米村  投稿日:2018年 3月25日(日)07時49分45秒
返信・引用
  今日は創価学会の会館に行って「退職したリコー社員か現職のリコー社員を紹介して
僕との問題の仲裁してくれ」と頼むか。
たぶん「他の人に頼んでください」とたらい回しされると思うが。
どいつもこいつも立派そうな事を口先で言っていだけの屑ばかり。

明日の日本を考える会のN会長に「リコーが無視して相手にしてくれない」
と言ったら、「なにい!」と怒り出して、すぐにリコー社員(500人)の誰かと
コンタクトを取り抗議し、リコー社員は「知らん!知らん!」と言ったそうだ。
N会長のようなちゃんとした人物が他にいないのか?
N会長は当時80歳ぐらいで、検索しても連絡先が分からない。

ちなみに明日の日本を考える会の演説会に行き
会員と口論になり演説会が中止になり、その後会長にリコーの件を相談。

http://m3s.dousetsu.com/0.html

 

Re: 共産党は怖い:

 投稿者:夕日  投稿日:2018年 3月24日(土)23時12分12秒
返信・引用 編集済
  > No.9484[元記事へ]

飛騨の山猿さんへのお返事です。


クダラン。
共産党は、自衛隊については憲法違反だが大多数の国民が必要だと思わされているから認めざるを得ないと言ってるんだから、天皇に関しても、大多数の国民が天皇即位に関して不可欠な儀礼であることを認めているのだから何も言わないほうがいい、という非不自由な政党でもやっておればいいのだ。

天皇制を認めた以上、天皇に即位する際に伝統的にやるべき儀式を国家予算でやって何が悪いのか。
明治国家が天皇を神格化したのは国家統治に必要な最良の手段と考えれば目くじら立てることもない。

しかし、天皇家の伝統的儀式(大嘗祭・新嘗祭等)を復活させたのは、江戸後期の光格天皇であって明治政府ではない。
それに天皇の称号さえ長らく使っていいなかったものを復活させたのはこの光格天皇である。

平安中期の冷泉から後桃園までは、冷泉院、後桃園院などと呼ばれ、この間は京都の泉涌寺が天皇家の菩提寺になっているように仏教への帰依が深かったんだろう。
今の形はこの光格天皇の強い意志によって復古されたもので、以後、それが踏襲されているだけのことだ。

統治や文化など伝統にも、また死者を送る禮にしても何らかの権威付けや儀式は必要だ。
そこに宗教色が入っても何らおかしくはない。

おかしいのは共産党である。こういう輩が日本語から婦人という言葉を消しさったように、日本の文化、言語までイチャモンをつけて共産党用語と長州用語だけを流行らせるのだ。

 

/823