投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 徳富蘇峰(13)(岩さん)
  2. ●やっぱり演歌を聞くと癒されるね(141)(管理人)
  3. 高山市・新火葬場について意見交換(26)(管理人)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


おいらの今は無き小学校

 投稿者:ぽっくる  投稿日:2018年 1月 7日(日)07時27分39秒
返信・引用
  昭和45年には廃校になり、これは野球場から写したもの。ど田舎の高台にたいそう立派な野球場でしてここで巨人2軍投手時代のジャイアント馬場が投手として試合を行ったそうです。  

Re: あのさ~

 投稿者:夕日  投稿日:2018年 1月 6日(土)13時09分59秒
返信・引用 編集済
  > No.9286[元記事へ]

飛騨の山猿さんへのお返事です。


> 僕は、自衛隊を無くせと言っているのじゃない。
> 9条2項削除して普通の国になることに空虚さを感じるのです。


それを言うなら、ワシャ憲法九条を大事にしたいという日本人の本音をわかろうとしない、もっと言えば話せばわかる、話し合いで物事を解決する、済んだ(解決した)ことは水に流す、という日本人の和の精神、恨みを後世に引きずらないという精神土壌を、理解しようとしない国が隣国にいることの方がよほど空しい。

しかし是とて、日本のこういう思考は世界的にもむしろ稀有であることを日本人は自覚している。
日本国内で通用しても、世界で通用するとは言えないと。
であれば、伍して世界各国と交流する以上、国際的標準を以って国家交流の規範としなければならないのは必然である。

広い世界だから日本の精神性を理解し、日本の精神こそ理想とする人間も数多くいるだろうが、しかし冷静に日々の出来事を見れば、とてもじゃないがその絶対的少数に期待して政治をするなんて現実離れというしかない。

日本人が根底に持つ和の精神を世界に布教すべく奮闘せよというのは、幕末の朝廷・幕府が、夷人を入れぬ鎖国こそ世の平安が保たれると国内に布教したことの裏返しに過ぎない。

個々の人間の精神性に期待してことに臨むのは、勤王攘夷と叫んでタドン砲や火縄銃で、アームストロング砲やライフル銃を持つ軍隊に立ち向かうのとほぼ変わらない。
そういうことに期待するから昭和の軍隊のようにバカげた戦いをすることになる。
ロケットマンに和の精神を説いて彼が耳を傾けるか?

 

ニセ所長

 投稿者:米村  投稿日:2018年 1月 6日(土)12時11分17秒
返信・引用
  今日会社を検索したら
右側のグーグルマップにニセ所長が掲載されていて笑った。

http://blog.goo.ne.jp/yone8x

 

Re: あのさ~

 投稿者:飛騨の山猿  投稿日:2018年 1月 6日(土)11時17分33秒
返信・引用
  > No.9285[元記事へ]

夕日さんへのお返事です。

僕は、自衛隊を無くせと言っているのじゃない。
9条2項削除して普通の国になることに空虚さを感じるのです。
サンダーバードと揶揄されても良いです(笑)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201801/CK2018010402000124.html

<憲法を見つめて 九条の周辺>(下)広島 戦場のリアル語り継ぐ
十二月初め、広島市の平和記念公園そばにあるカフェ。元米海兵隊員のマイク・ヘインズ(41)は半そでのTシャツ姿になり、イラク戦争の体験を語り続けた。

 民家に爆発物を仕掛けて侵入し、動くものは何でも撃てと言われた。女の子は泣き叫び、失禁する。大人は壁に押し付け、尋問した。「テロと戦うのではなかったのか。自分がやっているのがテロ行為だった」

 耳を傾ける市民三十人を前に、こうも予言した。「世界に誇る日本の憲法九条が今や危うい。自衛隊が米軍と一緒に派遣され、そんな戦闘に巻き込まれる。その日は遠くない」。その後もカフェに残った若者らと談議し、「戦場のリアルを知ってもらう意義は大きい」と笑顔を見せた。

 やはり広島を一九八〇年代に訪れ、九条の理念を世界に広げようと尽力した元米兵がいる。チャールズ・オーバービーだ。かつて朝鮮戦争で沖縄から出撃し、北朝鮮を空爆した。広島の資料館で原爆のむごさを目の当たりにし、「九条は犠牲者の魂が戦火からよみがえった永久の真理、不死鳥だ」が口ぐせになった。

 九条は戦争放棄と戦力の不保持、そして交戦権の否定をうたう。オーバービーは九条を模した修正条項が米国憲法に盛り込まれるよう精魂を傾けたが昨秋、九十一歳で亡くなった。

 安全保障関連法で、自衛隊は海外での武力行使や他国軍への後方支援が可能になった。自民党が年内に目指すのは、その任務が変質した自衛隊を九条に明記する改憲案の国会発議だ。

 「米国が押し付けたのは憲法というより自衛隊です」。先月、埼玉県狭山市の花岡蔚(しげる)(74)は東京・中野の劇場に講談の前座で登場。演歌を披露してから、憲法の話を切り出した。軽妙なトークで笑わせ、安倍晋三首相の向こうを張って「二〇二〇年までの自衛隊廃止。国際災害救助・復興支援協力隊サンダーバードの創設」を提唱してみせた。

 東大法学部を卒業し、海外勤務もした銀行マン。退職後の一三年から平和をテーマに国内外で公演を続ける。サックスにフルート、三味線と得意の音楽を演奏し、合間に憲法のことも訴える。護憲運動に初めて参加したのは〇四年。イラクへの自衛隊派遣に抗議する市民集会で公募の実行委員に手を挙げた。「イラク派兵で九条が本当に壊されるという危機感」が駆り立てた。

 以来、米国を毎年訪ね、晩年のオーバービーと交流を深めた。マイク・ヘインズの活動を知り、「オーバービーさんの遺志を継いでくれている」と頼もしく思う。

 内閣府の一五年の世論調査では、自衛隊の防衛力について「縮小した方がよい」はわずか4%。「今の程度でよい」が59%で、「増強した方がよい」も29%あった。

 かもがわ出版(京都)編集長で護憲派の論客、松竹伸幸(62)は「国民の多数は自衛隊が必要、大事と。ならば護憲派は専守防衛の九条のもとでの自衛隊のあり方や防衛政策を探求、確立したうえで、じゃあなぜ自衛隊を九条に書いちゃいけないかという議論を広げないといけない」と説く。

 元米兵らもよりどころとする九条。「米国での憲法修正は至難の業。だけど日本には九条がもうあるんですよ」と花岡は言う。「守るのは覚悟でできる。加憲されたら最後、九条という不死鳥はよみがえらない」 (文中敬称略、辻渕智之)





> 飛騨の山猿さんへのお返事です。
>
> > もう一般論では、この理屈は破綻しているのよ(笑)
> > 闘わないのが一番。ベトナム戦争の教訓ですよ。
> > 最近は、正当防衛でも我!闘わずを貫きたい。
>
>
> 周囲を海に囲まれた日本は、自らが紛争の原因をつくらない限り、他国から侵略されるおそれはないという点を指摘したいと思います。これは歴史的にも明らかなことであり、日本の場合はほとんどすべてがこちら側の侵略によって、戦争がはじまっているのです。
>
> こういう事実誤認、いや例によって事実の中に嘘をほんの少し混ぜてそれを本当のことのように見せかける、つまりこれは政治的詐欺を仕掛け愚民を騙すことにほかならない。
> かって一種の詐欺集団が世間を跋扈していたのだが、シナの台頭によって日本国民は改めてシナの傍若無人、傲慢なる中華意識に対し警戒感を抱くようになった。
> シナの妄動は在る意味、結構なこと。日本人に少なからず危機意識を持たせてくれたのだから。
> 騙された者にも罪があるとしても、それに気づきながら改めない方がよほど始末が悪い。
>
> 戦争は絶対起こしてはならない、侵略者に殺されようとかまわない、そういう人間がいたとしてもその無抵抗主義を他人に押し付ける権利はない。それが民主主義だ。
> 彼らは、ナチスの所業もベトナム戦争も、アイルランド紛争もアフリカの内戦もセルビアも、もうすっかり記憶の中から消し去ったのだろうが、忘れない者は一応学習し、対策を考える。それがまともな社会人というものだ。
>
> 今年は明治維新150年だそうだ。
> 250年の太平の世は得難いものだった。軍備というものを全く考えなくていい世の中だったから。
> しかしそれ故にたった4隻の蒸気船がお堀に現れて開国を迫ってきた途端、これに対抗する軍備を持たない幕府は右往左往してまともな交渉すらできなかった。
>
> 思想的に、又政策的に、朝廷も幕府も異国夷人との交流に頑固に否定的で、かつ外界に学ばなかった。
> 唯我独尊の権威主義が、特に為政者側にこの情けない土壌を育んだ。
> 当時、民は文化的にも経済的にも世界に引けを取らなかったろうに、官たる公家・武士階級、朝廷・幕府がこの有様ではその国体を保つ責務など果たしようがない。
> 維新の過程で、無謀にも尊王攘夷の精神だけで異国船に戦争を仕掛け、手痛い失敗した薩長肥はそこから異国に学んだ。
> 準備ののないまま弱腰外交せざるを得なかった幕府は、結果として国民にそのツケを回し、必然的に幕府は倒れ、新政府はその経験を生かした。
>
> 外交手段が失敗したら当然戦争は避けられない。それが歴史の教訓だ。
> それが嫌なら日本人全部があの若造のように割り切るしかない。
> しかし、幕末から明治の時代を見てきた日本人がそんな選択をするはずがない。
> 70年は長かったが昔と違って国民が判断する情報は豊富にあったのだから。
>
> 平和憲法を錦の御旗にするのはいいが、それが通用するのは日本国内に限るということをよくよく考えて欲しいもんや。
> 錦の御旗を押し立てれば相手がしり込みするのはあくまで幕末日本の話。
>
> いまどき他国相手に立てる錦の御旗は、北が躍起となっている核しかないわさ。
> しかし使う気がなければ、むしろ近代的戦力を整備することに重点を置くべきだ。
> これが今の国防の一般論と思うが、自衛隊もこの範疇に入る。これは国家の義務である。
> だから、9条2項はきっちり削除し、外交交渉もひるまないことが肝要だ。
> さらには他国との同盟はあって当然。古の時代から遠交近攻なる言葉はあった。
> ともかく経験から学ばぬ手はない。
 

Re: あのさ~

 投稿者:夕日  投稿日:2018年 1月 6日(土)10時27分56秒
返信・引用 編集済
  飛騨の山猿さんへのお返事です。

> もう一般論では、この理屈は破綻しているのよ(笑)
> 闘わないのが一番。ベトナム戦争の教訓ですよ。
> 最近は、正当防衛でも我!闘わずを貫きたい。


周囲を海に囲まれた日本は、自らが紛争の原因をつくらない限り、他国から侵略されるおそれはないという点を指摘したいと思います。これは歴史的にも明らかなことであり、日本の場合はほとんどすべてがこちら側の侵略によって、戦争がはじまっているのです。

こういう事実誤認、いや例によって事実の中に嘘をほんの少し混ぜてそれを本当のことのように見せかける、つまりこれは政治的詐欺を仕掛け愚民を騙すことにほかならない。
かって一種の詐欺集団が世間を跋扈していたのだが、シナの台頭によって日本国民は改めてシナの傍若無人、傲慢なる中華意識に対し警戒感を抱くようになった。
シナの妄動は在る意味、結構なこと。日本人に少なからず危機意識を持たせてくれたのだから。
騙された者にも罪があるとしても、それに気づきながら改めない方がよほど始末が悪い。

戦争は絶対起こしてはならない、侵略者に殺されようとかまわない、そういう人間がいたとしてもその無抵抗主義を他人に押し付ける権利はない。それが民主主義だ。
彼らは、ナチスの所業もベトナム戦争も、アイルランド紛争もアフリカの内戦もセルビアも、もうすっかり記憶の中から消し去ったのだろうが、忘れない者は一応学習し、対策を考える。それがまともな社会人というものだ。

今年は明治維新150年だそうだ。
250年の太平の世は得難いものだった。軍備というものを全く考えなくていい世の中だったから。
しかしそれ故にたった4隻の蒸気船がお堀に現れて開国を迫ってきた途端、これに対抗する軍備を持たない幕府は右往左往してまともな交渉すらできなかった。

思想的に、又政策的に、朝廷も幕府も異国夷人との交流に頑固に否定的で、かつ外界に学ばなかった。
唯我独尊の権威主義が、特に為政者側にこの情けない土壌を育んだ。
当時、民は文化的にも経済的にも世界に引けを取らなかったろうに、官たる公家・武士階級、朝廷・幕府がこの有様ではその国体を保つ責務など果たしようがない。
維新の過程で、無謀にも尊王攘夷の精神だけで異国船に戦争を仕掛け、手痛い失敗した薩長肥はそこから異国に学んだ。
準備ののないまま弱腰外交せざるを得なかった幕府は、結果として国民にそのツケを回し、必然的に幕府は倒れ、新政府はその経験を生かした。

外交手段が失敗したら当然戦争は避けられない。それが歴史の教訓だ。
それが嫌なら日本人全部があの若造のように割り切るしかない。
しかし、幕末から明治の時代を見てきた日本人がそんな選択をするはずがない。
70年は長かったが昔と違って国民が判断する情報は豊富にあったのだから。

平和憲法を錦の御旗にするのはいいが、それが通用するのは日本国内に限るということをよくよく考えて欲しいもんや。
錦の御旗を押し立てれば相手がしり込みするのはあくまで幕末日本の話。

いまどき他国相手に立てる錦の御旗は、北が躍起となっている核しかないわさ。
しかし使う気がなければ、むしろ近代的戦力を整備することに重点を置くべきだ。
これが今の国防の一般論と思うが、自衛隊もこの範疇に入る。これは国家の義務である。
だから、9条2項はきっちり削除し、外交交渉もひるまないことが肝要だ。
さらには他国との同盟はあって当然。古の時代から遠交近攻なる言葉はあった。
ともかく経験から学ばぬ手はない。
 

清朝皇帝溥儀

 投稿者:米村  投稿日:2018年 1月 6日(土)01時16分28秒
返信・引用 編集済
  昨日はリコージャパンが営業開始。

さっそく「僕が鳥取のリコーに電話をかけても担当者が電話に出ない。
そちらから鳥取のリコーに、僕の電話に出ない理由を聞いて下さい」
と全国の10位の事業所に電話をかけた。
「別の会社だから鳥取に電話はかけられません」という返答に対して
法学部卒の僕が、いろいろ理屈で論戦し「電話をかけるべき」と訴え
リコージャパンの社員を困らせて遊ぶのは、権力を持っているような錯覚がして楽しいな。

ところでこの間、清朝皇帝溥儀が戦後政治犯収容所で囚われの身になって
土木作業や洗濯している映像を見てなんかなーと思った。

http://blog.goo.ne.jp/yone8x

 

あのさ~

 投稿者:飛騨の山猿  投稿日:2018年 1月 5日(金)16時15分18秒
返信・引用 編集済
  戦争をしたいものは居ないってか?
まっ、貴公等が嫌いな日刊ゲンダイの記事だけど
◆バノン氏と決別のトランプ大統領 対北朝鮮“暴発”へ秒読みってある。
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/72689eb2af9164e5b34953ce00cae084
ニッチもサッチもいかなくなったトランプ氏が、ロシアゲート隠しで国内の目を外に向けるため、間違った行動を取らなければいいのですが。戦争を仕掛ければ、支持率が一気に跳ね上がりますからね」(堀田佳男氏)米の世論調査では、「外交手段が失敗した場合は軍事攻撃もやむなし」と考える人が半数を超えている。 多数だから多数決に従うのか?
 トランプの暴発……いよいよ本当にヤバくなってきた。
現実に爆撃が強行されたら、どうしますか?
やっぱり鉄砲かついで自衛隊を出兵させますか?
それとも最後まで軍拡をし続けますか???
もう一般論では、この理屈は破綻しているのよ(笑)
闘わないのが一番。ベトナム戦争の教訓ですよ。
最近は、正当防衛でも我!闘わずを貫きたい。
 

自由と独立

 投稿者:夕日  投稿日:2018年 1月 5日(金)12時55分43秒
返信・引用 編集済
  > No.9280[元記事へ]

飛騨の山猿さんへのお返事です。

>とにかく戦争に負けて憲法9条の発令の経緯や焼け跡に立った我々としては涙がちょちょ切れる程、喜んだものだ。我々の後の子供たちにあんな悲惨な戦争という歴史を繰り返し教え続けることが我々の使命だ。陸海空のカッコよさや就職斡旋でお茶を濁してはならない。

> チキンゲームで日本を美しい国土を壊滅されるような浅はかな安全保障論の片棒を担ぐような愚挙は慎もうぜ(笑)
>

繰り返すが、誰も戦争など望まない。
戦争経験はなかったが中学の時、すでに戦争への恐れがあった。
日清(1894)日露(1904)第一次大戦(1914)満州事変(1927)真珠湾(1941)ほぼ10~20年ごとに戦争があったことを知り、
あの13-14歳の頃、そろそろ戦争が始まるのかと恐れたものである。ガキなりの恐れであった。

その一方、義を見てせざるは勇無きなり、などという言葉は既に小学生の時に漫画で知っていた。
漫画にせよ、映画にせよ、ニュースにせよ、知り得たものをどうこなすかは人それぞれである。

先ずできるのは想像力を働かせて君子危うきに近寄らずである。
それでも火の粉が降りかかればどうするか、
人それぞれ育った環境が違うにせよ、その環境次第では幼い者でもその最低限の対処の仕方は自然と学ぶのである。

しかし先のテレビを見て、デジタル的思考回路しか持たない件の若造に全く想像力が欠如していると思った。
彼ら若造にしてみれば、国家間の争いも多分ゲーム感覚で、負けたら占領国に蹂躙されるという実感が伴わないのだろう。ありえないことだがもし北が日本を占領すれば、現在われわれが知る北の現実がわが身に及ぶということに想像が及ばないのであろう。
或いは、そうなったら、リセットして最初からゲームをやり直せばいいと、浅はかな彼らは考えているのかもしれない。

こういう若造には、ベトナムが何故大国フランスやアメリカを相手に戦ったかを教えてやればいい。
ベトナムはすさまじい犠牲を払ってフランスやアメリカを撤退させた。
戦争の因が何であろうとベトナム人は彼らの自由と独立を勝ち取るためにそれだけの犠牲を払った。

それがツマランというのか!
侵略者に殺されようが奴隷にされようが、自分が人を殺すのは嫌だと?
仕事がないから自衛隊に入っただと?  ふざけるな!!



 

Re: 礼を失する?だと!

 投稿者:飛騨の山猿  投稿日:2018年 1月 5日(金)10時24分28秒
返信・引用
  > No.9279[元記事へ]

夕日さんへのお返事です。

戦争の形態もテロという形態に代わってきたのは、貴兄も異存ないと思う。
沖縄の現状と日米安保もミサイルが飛び合う現在・・浮沈空母に酔いしれる無駄を認識させてくれる。アメリカと日韓の合同演習も僕には、リスクを煽って戦争への導火線にしているとしか思えない。とにかく戦争に負けて憲法9条の発令の経緯や焼け跡に立った我々としては涙がちょちょ切れる程、喜んだものだ。我々の後の子供たちにあんな悲惨な戦争という歴史を繰り返し教え続けることが我々の使命だ。陸海空のカッコよさや就職斡旋でお茶を濁してはならない。

話は変わるが大相撲にしても、吾輩が年少の頃は、大飯食らいの力士たちの生活援助として発展してきたことも忘れてはならない。日本には、延々と続く相互扶助という美しい伝統があるのだ。チキンゲームで日本を美しい国土を壊滅されるような浅はかな安全保障論の片棒を担ぐような愚挙は慎もうぜ(笑)



> 正月早々、反吐が出る。
> アノ、モンゴル一家にショバを取られたスモーキョーカイのことである。
> 礼を失した、と言うべき相手を間違えていないか。
>
> 横綱が公衆の前で、自らを称えるがごとく万歳するわ、物言いつけるわ。
> 陰に回って、親方に因縁つけるわ、白いものを黒と云わせて八百長を助長させるわ。
> こいつらのような日本の礼も習慣も知らぬものには何も言えんくせに、己らの沽券を傷つけたものには言いたい放題。
> これじゃモンゴルスモーキョーカイじゃねえか。
>
> 評議委員会の構成員は皆、ちょん髷つけてるんか?えらそうに。裸のちょん髷員やないか。
> だいたい、歴史的にも寄生虫として生きてきた種族を、評議員なんぞにするから奴ら勘違いして
> 評議委員会を寄生する集団にしてしまったんや。
> こいつらみんなたたき出すべきや。
>
> でなければ、今後一切大相撲なんて見るべからずや。
> NHKに対しても大相撲中継に金使うなら、視聴料不払いの運動をすべきや。
>
>
>
 

礼を失する?だと!

 投稿者:夕日  投稿日:2018年 1月 4日(木)14時53分39秒
返信・引用
  正月早々、反吐が出る。
アノ、モンゴル一家にショバを取られたスモーキョーカイのことである。
礼を失した、と言うべき相手を間違えていないか。

横綱が公衆の前で、自らを称えるがごとく万歳するわ、物言いつけるわ。
陰に回って、親方に因縁つけるわ、白いものを黒と云わせて八百長を助長させるわ。
こいつらのような日本の礼も習慣も知らぬものには何も言えんくせに、己らの沽券を傷つけたものには言いたい放題。
これじゃモンゴルスモーキョーカイじゃねえか。

評議委員会の構成員は皆、ちょん髷つけてるんか?えらそうに。裸のちょん髷員やないか。
だいたい、歴史的にも寄生虫として生きてきた種族を、評議員なんぞにするから奴ら勘違いして
評議委員会を寄生する集団にしてしまったんや。
こいつらみんなたたき出すべきや。

でなければ、今後一切大相撲なんて見るべからずや。
NHKに対しても大相撲中継に金使うなら、視聴料不払いの運動をすべきや。


 

/804