teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


第一話運命の出会い(ミルフィー編)

 投稿者:ピカチュウ  投稿日:2012年 1月23日(月)02時23分50秒
  「帝都フィーアス」
(兵士)ミルフィー様どちらにお出かけですか?
(ミルフィー)ちょっとそこの裏山に!
(兵士)では、私が・・・
(ミルフィー)護衛はいりません!私はもう十六歳ですよ自分の身わ自分で守ります!
「タッタッタ」
(ミルフィー)もぉ!何でいつも護衛護衛何だろ!
(子ども)あぁ!ミルフィー姫だ!こんにちは!
(ミルフィー)こんにちは!いつも元気ね!
(子ども)俺はいつも元気なんだ!
(ミルフィー)ウフフ!そうなんだ!
(母親)あらあら、すみませんミルフィー姫!
(ミルフィー)いえいえ!じゃあね僕!
(子ども)ばいばい!
(ミルフィー)さてと裏山に・・・
「シュンン」
(ミルフィー)な、何に!光?行ってみましょ!
「タッタッタッタ」
(ミルフィー)ええと!こっちか!
「そして裏山に」
(ミルフィー)確かこの辺に・・・
(??)ななななな何だよこれ化け物じゃん!
(ミルフィー)!悲鳴!しかも男性行かなきゃ!
(モンスター)ぐぉぉぉ!
(??)やっぱり俺ここで死ぬんだ・・・・それも悪くないかもな
(ミルフィー)危ない!バリア!
「キーン」
「シュンンン」
(ミルフィー)大丈夫ですか?
(??)あれ?お前は?
(ミルフィー)話は後です戦いますよ!
(??)いや・・・俺武器が
(ミルフィー)はい!
(??)準備良いね・・・・で、これ何?
(ミルフィー)オパールを知らないですか?とりあえずはめてください!
(??)こうか?
(ミルフィー)そうです、行きますよ!
(モンスター)ぐぉぉぉぉ!
(ミルフィー)さすがグリズリー凶暴ですわね!
(??)どうやって勝つんだよ!
(ミルフィー)私があげたオパールを使ってみてください!
(??)どうやって?
(ミルフィー)はめてれば良いんですけど後はオパールが自然に魔力を注入すれば使えます!
(??)なんだかよくわからないけどやるしかないな!
(グリズリー)ぐぉぉぉぉぉ!
(ミルフィー)光の魂よ今ここに!フォトン!
「ドーン」
(グリズリー)ぐぉぉ
(ミルフィー)今です!
(??)使い方分かられねぇのに
「ズバァーンズバァーン」
(??)行くぞ魔神牙!
「ドーン」
(ミルフィー)おお!
(??)何とかやったよ!、何だあの技?
(ミルフィー)すごいですね、えーと・・
(ユウト)宅間ユウトだ!
(ミルフィー)珍しい名前ですね私はミルフィー・オレットと申します!
(ユウト)で、ミルフィーさんここはどこなんだ?
(ミルフィー)ただの森ですこの先に行けば城下町があるので行きましょ!
(ユウト)あ、あぁ~!
第一話終わり
 
 

第十六話裏切り者

 投稿者:ピカチュウ  投稿日:2011年 8月10日(水)21時39分1秒
  (ホムラ)リン!右目はどう!
(リン)いや、今のところは・・・ん?これ待て!
(??)なんや?
(リン)なんやじゃない!ここは立ち入り禁止だ!
(??)わし、ここの関係者だけど!
(リン)はぁ!
(ホムラ)お名前は?
(トウロク)勝間トウロクです!
(リン)レンマ君の父ですか!
(トウロク)レンマを知ってる事はあんた何とか学院の方?
(リン)えぇ~!自己紹介を遅れました僕は悠木リンですこちらは!
(ホムラ)暁美ホムラ!
(トウロク)おお!そうか君か・・・
(ホムラ)私の事を知ってるのですか?
(トウロク)まぁ~君のお父さんとちょっとの仲でね!
(ホムラ)お父さんを知ってるのですか!
(トウロク)まぁ~で、藤本君は元気?
(ホムラ)父はサタンに殺されました!私をかばい・・・
(トウロク)そうか・・・・わしはそろそろ行くから!
(ホムラ)あ!行っちゃった!
(リン)暁美もそろそろ・・・
「プルルルル」
(ホムラ)はい!暁美です!今何て?
(マキ)だから!私の使い魔が追跡していた車が物けの空だったのよ!
(ホムラ)やられた!
(リン)何が?
(ホムラ)マキが追跡した車は囮みたいだった!
(リン)じゃあ本物は!
(ホムラ)どこかに居るでしょうね!
(リン)そんな!
(マキ)私達もそっちに行くね!
(ホムラ)えぇ~わかったわ!
(リン)何だって高木は?
(ホムラ)こちらに向かうみたい!
(リン)まさかの陽動か・・・
(ホムラ)いえ!私達の作戦は極秘事項だから絶対わかんないはずだけど・・・・あの悪魔そこまで作戦を練ってるのなら裏切り者がいるでしょ!
(リン)まさか・・・
(ホムラ)そこは先生方がやってください
後半に続く
 

第十五話白夜の右目

 投稿者:ピカチュウ  投稿日:2011年 8月 9日(火)18時54分13秒
  (リン)これが!白夜の右目!
「その頃」
(レン)あれ?おかみさんお父は?
(女将)市長なら出張所におるよ!
(レン)そうか・・・
(レンマ)あいつはどうした?
(女将)あの人は全然帰ってこないけど・・・
(レンマ)あの野郎!
(トクマ)・・・・・
(コウタ)あれ?レン帰ったのか!
(レン)兄ちゃん!
(セイヤ)てめぇ!
(レン)セイ兄ちゃん・・・・
(セイヤ)良くも帰ってきたな!
(レン)うぁぁぁぁ!やめてーー!
「その頃」
(イズミ)これが薬草ね・・・ん?
(ホムラ)・・・・
「シュンシュン」
(イズミ)あんた!何してる!
(ホムラ)瞬間移動よ!
(イズミ)そうか・・・あんた二年前にも塾に居たんだっけ!
(ホムラ)この能力は二年前に破棄された!
(イズミ)今はその能力を使えるものは二年前に居た人のみ!
(ホムラ)えぇ~!
(イズミ)で、あんたはどうして聖騎士ならないの?目的は知ってるけど!
(ホムラ)それは、私の口からは言えないわ・・・
(イズミ)どこに行くのよ!
(ホムラ)散歩!
(イズミ)散歩って・・・・
「そして夜」
(リン)まぁ~とりあえず!皆は休め!
(レン)それもそうやな!腹減ったし!
(イズミ)あんたは何もしてないけど・・・
(レン)酷いイズミちゃん!
(レンマ)ヨシツネ!
(ヨシツネ)レンマ様!明日の会議は出席ですか?
(レンマ)あぁ~それと親父を無理矢理でも・・・
(ヨシツネ)わかっております!
(レンマ)頼む!
(ホムラ)・・・
(コラク)でも無理は禁物だよ・・頼んだよ・・・もうすぐだ
第十五話終わり
 

第十五話白夜の右目

 投稿者:ピカチュウ  投稿日:2011年 8月 8日(月)19時57分57秒
  (ユウト)てめー何が言いたい!
(アーサー)マミ聞かせてなかったのか?
(ユウト)先輩?
(アーサー)もし、暁美ホムラが暴走したらヴェイル本部より抹殺の命令が出た!
(ユウト)なんだって!暁美が暴走したら殺すのか!
(アーサー)本部の命令だ!
(ユウト)・・・・・
(マミ)悠木君・・・・
(リン)ここが出張所の「最深部」ですか?
(セイナ)はい!お連れしました市長!
(エイゾウ)お待ちしてました「最深部」の市長やらせてもらっています神谷エイゾウです!
(リン)私は中一級悠木リンです!
(エイゾウ)でわ!こちらへ!
後半に続く
 

第十四話登場アーサー

 投稿者:ピカチュウ  投稿日:2011年 8月 7日(日)18時53分41秒
  (セイナ)東京のエクソシストの方ですね!
(リン)えぇ~!
(セイナ)私は京都の出張所のセイナとお申します!でわどうぞ!
「プルルル」
(ホムラ)暁美です・・・はいわかりましたそれでは看護の方をお願いします!
「ガチャ」
(レンマ)どうした、暁美?
(ホムラ)悠木が目を覚ましたらしいわ!
(レンマ)ほんまか!
(ホムラ)えぇ~「何であいつがユウトに接触したの・・・」
(リン)暁美さんどうかしました?
(ホムラ)い、いえ!
(セイナ)到着しました!
(レンマ)こ、ここは!
(トクマ)気まずいです!
(イズミ)何!あんた達知ってるの!
(レン)ここは、レンマはんの家なんです!
(レンマ)行くか
「ガララ」
(旅館の人)おお!レンマもどったか!
(レンマ)まてまて!これは候補生でもどったんや!
(レンマの母)あら!レンマもどったやんか!
(レンマ)ああ~!
(ホムラ)長期間お世話になります!
(レンマの母)まぁまぁ~これはこれは!
(ホムラ)私達は出張所に挨拶してきますんで!半分ドクターを置いてきますんでこき使ってください!
(レンマ)お前候補生だろ!
(ホムラ)私はこの一件に絡んでる!
(レン)まぁ~確かに!自分達よりは暁美さんの方が上ですもんね
(ホムラ)そう言うこと、あなた達は少し身内に挨拶してきな!
(イズミ)私は?
(ホムラ)悠木先生後は頼みました!
(リン)まて!何でお前が指揮してるんだ?
(ホムラ)・・・・
(リン)お前は、木下さんと何かやっててくれ!
(ホムラ)確かにあなたはここの指揮でしたね!イズミさんあなたはドクターの指示に従い魔障者に薬を作ってもらって!
(イズミ)はい!
(リン)お前は?
(ホムラ)私は私の能力を試す!
(リン)お前時間停止の・・・やめろ!
(ホムラ)最悪の場合よ!使うしかないわ!
(リン)わかった、お前が暴走したら・・・・
(ホムラ)それは・・・二年前に決まってる事じゃない・・・
(リン)暴走はするなよ・・・
(ホムラ)・・・・・してたまるもんか、私はやることが・・
「その頃」
(マミ)アーサー!
(アーサー)久しぶりだね、マミ!
(ユウト)アーサー?
(マミ)現聖騎士よ!
(ユウト)聖騎士!
(アーサー)君か、忌まわしいサタンの子を守るって決めたやつは
(ユウト)何が言いたい?
(アーサー)・・・・・
第十四話終わり
 

第十三話いざ!京都へ!!

 投稿者:ピカチュウ  投稿日:2011年 8月 6日(土)22時08分4秒
  (イズミ)白夜の目?私達に習ってません!
(リン)あぁ~この悪魔はメジャー扱いされてないかね!
(ホムラ)とにかく、白夜の右目を守らなければ、死ぬは!そこで私達候補生は、エクソシストの手伝いをします!
(レン)なんか、たいへんやそうな!
(トクマ)そうですね、で、でも暁美さんも僕らについてくるやろ!
(ホムラ)私が怖い峰トクマ君!
「ガララ」
(トクマ)こ、これは!
(ホムラ)銃よ!撃って私を殺しなさい!
(トクマ)ぼ、僕が・・・・
(ホムラ)誰でもいいわ!
(皆)・・・・・
(ホムラ)殺す覚悟ないならエクソシストやめなさい!
(皆)!
(レン)そ、それはどう意味?
(ホムラ)この話は候補生には話せないけど、あなた達も聞いてる通りこの一見は悪魔落ちした人間が仕組んでる事よ!
(レン)じゃ、じゃあ!人間と戦うことですか!
(ホムラ)覚悟ないなら、この任務出るな!
(イズミ)私は出るわ!ここで引けないの!
(トクマ)僕もです!
(レン)俺も、レンマはんは?
(レンマ)おれもや!
(ホムラ)そろそろ京都ね!
「その頃」
(マミ)まさかユウト君ってかなり無茶するのね!
(ユウト)い、いえ!俺は暁美を守るって決めたんです!
(マミ)暁美さんを!
(ユウト)あいつの事知ってほっとけないです!
(マミ)それって・・・・
「ガチャ」
(マミ)あなたは!
第十三話終わり
 

第十三話いざ!京都へ!!

 投稿者:ピカチュウ  投稿日:2011年 8月 6日(土)01時21分27秒
  「そして朝」
(レン)京都か~あれレンマはんは?
(トクマ)ちょっと、行きずらいみたいですね!
(レン)まぁ~親に反対を押し切ってきたんや、それはなぁ~
(リン)ほらほら、皆さん乗った乗った!
(レン)はい!先生!
「タッタッタ」
(ホムラ)・・・・
(レンマ)暁美・・・
(リン)全員そろったね!
(レンマ)先生!
(リン)どうした?勝間君?
(レンマ)悠木が居ませんが・・・・
(リン)彼はこの任務にはずしました!
(レンマ)そうですか・・・・
(リン)じゃあ、明美さんこの任務の説明を!
(ホムラ)・・・・
(レンマ)お前が任務を!
(ホムラ)・・・えーと任務の説明します
「任務の説明終わった」
(ホムラ)白夜の右目を守らなければ、何億人が死ぬかわかりません必ず阻止します
後半に続く
 

第十二話悪魔落ち

 投稿者:ピカチュウ  投稿日:2011年 8月 5日(金)13時45分7秒
  (ホムラ)ここが、かなりの瘴気ですね!
(コラク)予防スーツがないと危ないと!
(ホムラ)ですね・・・後の二人は後方をお願いします
(エクソシスト)はい!
(コラク)暁美さんは最年少聖騎士と聞きましたか!
(ホムラ)候補なだけです!
(コラク)二年前の人魔戦争の英雄って・・・
(ホムラ)英雄なんかじゃないです、一人の人間も助けられなかったちっぽけな人間です・・・ん?
(コラク)あいつです!
(ホムラ)止まりなさい!
(??)・・・・・
「シュンン」
(ホムラ)これは、フェイク!
「ドーン」
(ホムラ)うぅ!三橋さん!
(コラク)ばれたら仕方ないですね、少しは時間稼ぎしてもらいますよ!
(ホムラ)悪魔落ち!
(コラク)あなたも悪魔なんでしょう?だったらこっちの世界に来るべきだ!
(ホムラ)私は・・・・弱い心に負けないわ!
(コラク)さすが人魔戦争の英雄!自分の心に負けない精神力!
(ホムラ)・・・ここで、あなたを殺さないと色々とやばいみたいね!
(コラク)ふっ・・・
「シュンンン」
(ホムラ)なっ!正気で目隠し!居ない!
(コラク)いつでも歓迎するよ暁美ホムラ!
「タッタツタ」
(クローラ)いやいや、見事な働きぶりでした!
(ホムラ)・・・・
(クローラ)まさかの陽動作戦も見通していたなんてさすがですね
(マキ)今私の使い魔に追わせてるから!
(クローラ)で、あなたには、白夜の左目の奪還任務参加していいだきたい!
(ホムラ)・・・・いやです!
(クローラ)なぜですか?
(ホムラ)私はむ候補生、勝手に任務は行きたくないです、マキあなたが行きなさい!
(マキ)わ、私ですか!?
(クローラ)どうですか?
(マキ)わかりました!
(クローラ)では一時間後基地中枢にて!
「そして」
(クローラ)おはようございます候補生生徒さん!
(レンマ)理事長?
(クローラ)皆さんは実施テストの合格してますね!
(イズミ)えぇ~!
(クローラ)あなた達には今から京都遠征に参加していただきたい!
(レンマ)京都やと!
(クローラ)おや?京都はきらいですか?
(レンマ)い、いや・・・
(クローラ)では明日!
第十二話終わり
 

第十一話白夜の目

 投稿者:ピカチュウ  投稿日:2011年 8月 4日(木)17時51分16秒
  「そして」
(リン)先生ユウトは平気なのですか?
(先生)えぇ~でも悪魔の瘴気がすごいですね!しばらくは無理ですね
(リン)そんな・・・・
(ホムラ)・・・・
(レンマ)所であの不の王どうやってかったんや?
(イズミ)普通じゃ死んでるわよあんなの!
(ホムラ)私が悪魔からよ!
(イズミ)悪魔と人間の血縁者!
(ホムラ)それだけだわ!
(トクマ)ま、まさかサタンの子じゃ!?
(ホムラ)そうだったら、今ここで私を殺す?
(レン)ほんとにサタンの子?
(ホムラ)私はサタン子だけど、サタンを殺すために居るの!
(皆)!
「ピッピッピッピ」
(ホムラ)はい!暁美です!私はまだ候補生ですけど、はい、はいわかりました今すぐ向かいます!
「ぴっ」
(レンマ)どこにいくんや!
(ホムラ)任務よ!
(レンマ)お前は候補生やろ!それに悠木をおいていくんか!
(ホムラ)私は一様中一級取ってるわ!それにその人は勝手に不の王とやりあっただけ私には関係ないわ!
(レンマ)なんやと!悠木も皆仲間だろ!
(ホムラ)仲間なんていらないわ、私には目的があるのあなた達より多きな目的が!
「タッタッタ」
(ホムラ)治療術ってあんた持ってなかったわね!
(リン)悪かったな!
(ホムラ)・・・・・
「タッタッタ」
「その頃」
(エクソシスト)白夜の左目を返しなさい!
「キュポ」
(エクソシスト)や、やめろ!
「おーおおー」
(ホムラ)すごいヤジ馬ね!中一級、聖騎士候補暁美ホムラです
(エクソシストの男)聖騎士、待っていましたどうぞ!
(ホムラ)状況はどうなってるの?
(コラク)上一級三橋コラクです!
(ホムラ)白夜の目はどう言う物なんですか?
(コラク)白夜の目は、「最深部」に封印されていた強力な瘴気です!
(ホムラ)強力な瘴気ですか?
(コラク)目だけでも普通の人間じゃ近付くこともままにならないって言うのに!
(マキ)あれ、ホムラちゃん!
(ホムラ)マキ、何!
(マキ)私もドクター取ってるし!
(ホムラ)そうね!で、その黒のマントはどこに!
(コラク)あそこに!
(ホムラ)そう、さっそく行きましょう。マキ!ちょっと!
(マキ)わかった!
(ホムラ)早速行きましょう!
第十一話終わり
 

第十話襲来

 投稿者:ピカチュウ  投稿日:2011年 8月 3日(水)17時50分31秒
  (ホムラ)あなたもしつこいわね!
(レイン)僕は君達と遊びたいんだよ!
(ホムラ)そう!だったら相手してあげる!
「カチャ」
(レイン)そうこなくちゃ!
「ドーンドーン」
(マミ)始まった!
(マイ)ホムラちゃん・・・・
(レン)なんかすごくないかー音が!
(イズミ)普通の人間じゃ死んでるわよ
(リン)暁美・・・
(ユウト)暁美・・・まるで悪魔じゃねぇか!
(デメリア)ユウトいそごー!
(ユウト)あぁ~そうだな
「バーンバーンバーン」
(レイン)その程度ですか!そんなじゃつまんないですよぉー!
「ドーンドーン」
(ホムラ)くぅ!
「グギィ」
(ホムラ)あぁぁぁ!
(レイン)つまらない、こんなのが兄上のおき入りなんて!
(ユウト)やめろーーー!
「ブーンブーンバシ!」
(レイン)剣は抜いてから使う物ですよぉー!
『ピン』
「ピシュュュ」
「ドーンドーン」
(ユウト)グハ!
(ホムラ)ユウト!
「ドクンドクン」
(ホムラ)二年前と同じ・・・
(レイン)殺すなって言われてたけど殺しちゃいまそう!
(ホムラ)やめて・やめて・・やめてーー!
(レイン)ん?あなたから殺しましょう!
(ホムラ)私が銃しか使えないと思わないで!
「ズバァーン」
「プシュュュ」
(レイン)うぁぁぁ!熱い痛い!
(ユウト)何がおきいてるんだ、それにあれは?
(ホムラ)不の王レイン!サタンの能力忘れたの?
(レイン)見えない炎!
(ホムラ)そう。私はこの剣に炎を送ってあなたを斬ったの、もうじき死ぬわ!
(レイン)うぁぁぁぁ、そんな馬鹿な!
(ユウト)暁美大丈夫か?
「タッタッタ」
(ホムラ)悠木ユウト、こんな危険な事しないで、あなたが死ぬわ!
(ユウト)俺は・・・お前を守るって決めたんだ!
(ホムラ)次ああいう悪魔が出ても、私は助けられないわ!
(ユウト)わかってる!
(レン)おおーい!悠木はんホムラちゃん
(ユウト)帰ろう!皆の所で!
(ユウト)何だ、目が・・・
「バタ」
(皆)!
(ホムラ)ユウト・・・ユウトーー!
第十三話終わり
 

レンタル掲示板
/14