teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


街々を長崎くんち舞ひて行き

 投稿者:壽草  投稿日:2017年 9月21日(木)10時11分23秒
返信・引用
  9月の句会も結果をまつばかりになりました。
年間首座 釣爺さん? 静馬さん?
楽しみに待っています。
いづれにしても お見事です。

今年も もうすぐ 長崎くんちです。
 
 

秋蝶のしばらく舞ひて去りにけり

 投稿者:静馬  投稿日:2017年 9月16日(土)10時04分24秒
返信・引用
  雨の三連休になりそうで残念です。広島カープの優勝の瞬間を観ようと楽しみにしていました。
野球の魅力の一つは終盤の粘りだとカープの試合を観て改めて思いました。






 

秋立ぬ泉の底の金の匙

 投稿者:半酔  投稿日:2017年 9月 6日(水)20時35分6秒
返信・引用
  本当に普通は福留で終わりですよね。あれをひっくり返すのですから、カープファンは
たまらないと思います。昨日から、我がソフトボールチームも練習再開です。球が投げられ、打つことが出来て走れる事に感謝です。ジャイアンツは、CXだけが望みですが、あと1ゲーム半、何とかなるゲーム差ですが、Denaも妙に強いから大変です。
 

金秋やカープ戦士の意気盛ん

 投稿者:釣爺  投稿日:2017年 9月 6日(水)16時29分10秒
返信・引用 編集済
  昨夜のカープ対タイガースの天王山、凄い戦いでした。9回表、守護神の中崎が福留に2ランを
打たれて逆転されたときは、さすがに今夜は駄目かと諦めました。しかし、そこからが一味違う
今年のカープでした。縄のれんみたいなヘアースタイルの阪神の守護神・ドリスから、安部が
再逆転のサヨナラ2ラン! 痺れました。

巨人もCSまでもう一息! 頑張れジャイアンツ!
 

越し越され最終句会秋うらら

 投稿者:壽草  投稿日:2017年 9月 3日(日)10時49分8秒
返信・引用
  句会も〆の9月になりました。
釣爺さんと静馬さんの成り行き、下の方から
仰ぎ見て楽しませていただいて居ります。
 

久々に追い越し車線秋うらら

 投稿者:静馬  投稿日:2017年 8月29日(火)00時46分41秒
返信・引用
  来月は久し振りに巨人戦を観に行きます。勝率5割だと楽しみがありますがドラゴンズは弱いです。  

阪神に勝ち越し決めて秋うらら

 投稿者:半酔  投稿日:2017年 8月27日(日)22時27分28秒
返信・引用
  圧倒的に広陵が強いと思っていましたのに、予想外の展開でした。佐賀北にも負けましたし何かお祓いでもしなければと言う感じですね。カープは、問題ありません、強いですね。  

広陵負けカープも負けて秋暑し

 投稿者:釣爺  投稿日:2017年 8月24日(木)16時14分52秒
返信・引用 編集済
  『広陵は夏の甲子園では優勝できない!』広島のジンクスがまた深いものになってしまったようです。
でも、これで良いんでしょうね。これだから、高校野球は面白いのかも知れません。
それにしても、このところ「逆転のカープ」が「逆転負けのカープ」になっているのが気がかりです。
取り敢えず、埼玉の真女さん、おめでとうございました!
 

七億で買ひたき隣地星月夜

 投稿者:半酔  投稿日:2017年 8月22日(火)13時27分30秒
返信・引用
   天理、広陵に負けました。この間から、野球はプロも高校も広島のもんの様な状況になってきましたね。おめでとうございます。広陵は、小生が広島に居た時、グラウンドの西側に済んでいましたので、正直な処どちらでも良いのです。後は、菅生とか言うのと当たって、優勝ではないでしょうか。先ほど贔屓にして貰って居る広島のエージエントから、7億円の扇子20本と100万の帯封10束の注文が入りました。後で映像を送ります。今から注文に行きます。
壽草さま、景気の良い話でも聞いて、憂鬱を吹き飛ばして下さい。釣爺さん、ウチダザリガニですか、普通にここらでもいるザリガニとは違うのですかね。調べて見ます。ウチダ拝
 

食卓の広々となり夏終はる

 投稿者:武蔵野  投稿日:2017年 8月22日(火)10時50分12秒
返信・引用
  壽草様、南に3階建て工事とのこと、さぞかし心塞ぐ秋の入りでしょう。
信じられない80歳の始まり、この夏はこれからの私の分岐点、頑張りましょう。
 

隣接地の工事始まり夏終はる

 投稿者:壽草  投稿日:2017年 8月22日(火)09時39分10秒
返信・引用
  暑い暑いと言いながらも、雲の形など少し変わってきたと感じます。

家の南側にぴったりと三階建ての工事中です。
仕方ありませんが、煩いしいらいらしています。
 

ザリガニ食ふ習ひなき国夏の果

 投稿者:釣爺  投稿日:2017年 8月20日(日)13時41分14秒
返信・引用
  今日、喫茶店で週刊誌をパラパラ捲っていたら、武蔵野さんが当俳句リレーに書かれているザリガニのことが載っていました。
『ウチダザリガニ』と云う和名を持つそうで、北海道や長野などに繁殖しており、大変美味しいと書かれていました。
エビとカニの風味と食感をあわせ持ち、北アメリカやヨーロッパでは一般的な食材であると…。但し、日本では特定外来生物
に指定されており、飼育は勿論、生きたまま移動させることも禁止されているとのことでした。
北海道や信州等では、街のレストランでも食べられるとも書かれていました。大変、興味を持ちました。
 

有線にノイズの交じる残暑かな

 投稿者:釣爺  投稿日:2017年 8月18日(金)17時48分57秒
返信・引用
  パソコン、直って戻りましたが、静馬さんの「パソコンの機嫌伺ふ残暑かな」が良く分かります。
今もまだ、パソコンを立ち上げる度に緊張しています。パソコンは大いなる未完成品、つくづく
そう思います。
甲子園、広島の広陵がまだ勝ち残っていますので、早々に敗退してしまった県の方々、応援宜しく
お願い致します。
 

ザリガニに興じる子等や山家夏

 投稿者:武蔵野  投稿日:2017年 8月17日(木)11時18分57秒
返信・引用
  孫達との交流も少なくなりましたが。昨夏、今夏、中、高生の孫たちの合宿を引き受けて大騒動の中で元気を貰いました。信州には爪が大きなザリガニがいて彼らはびしょ濡れになりながらパンツまで脱いでザリガニ取りに興じました。夜はスマホでチェック。1920年代将来の食料供給のため持ち込まれたそうで今や問題。信州から持ち出し禁止になっているそうです。6人もの子たちが家に戻ると玄関から洗面所、お風呂場までびしょびしょ。興奮した子たちの顔をみるとつい歓迎してしまいました。泥臭いのが欠点、でもおいしいとか。最後のグループだったのが幸いでした。  

機会あり出るパーティや夏衣

 投稿者:半酔  投稿日:2017年 8月14日(月)18時42分51秒
返信・引用
   釣爺さんのパソコンも調子悪そうですね。小生は今、富士通のPCですが、一年間は無料で面倒見てくれる制度がありましたのでで助かりました。どうにもならない時は、向こうの人に直接当方のPCに入って来て貰って、リモートコントロールで直してもらうのです。最近は、だいぶ慣れましたので、困った時は再起動で、乗り切っています。  

パソコンの機嫌伺ふ残暑かな

 投稿者:静馬  投稿日:2017年 8月14日(月)12時30分1秒
返信・引用
  雷の影響だったのでしょうか投句を前にパソコンが動かなくなり心配しました。幸い二日ほどして回復し、ほっとしました。

甲子園、長崎、佐賀、愛知のチームが初戦敗退で淋しいですが両軍に応援?しながら観戦しています。
 

二上へ入日の長き残暑かな

 投稿者:半酔  投稿日:2017年 8月13日(日)22時39分34秒
返信・引用
  小生は、裏に60坪くらいの畑があり、そこに小屋が在って、鶏を十羽ほど飼って居ました。世話は、子供の仕事で、えさ、水、掃除は子供の役でした。ただ、小生は卵アレルギーで、大学に行くまで食った事がありませんでした。  

朝食もかなりすすみて残暑かな

 投稿者:壽草  投稿日:2017年 8月12日(土)15時21分48秒
返信・引用
  残暑とは名ばかり、厳しい暑さの毎日です。

新鮮な卵なかなか手に入りません。

戦時中 にわとり小屋でにわとりに追いまわされ鳥が嫌いになりました。
昔々の話ですのに・・・。
 

朝食に生みたて卵孫たちに

 投稿者:真女  投稿日:2017年 8月10日(木)20時26分41秒
返信・引用
  嫁の里が近いので泊まりに行った時のこと、前の家が鶏を飼っておられ、釣爺さまでないけどあちらの、お母様と下の孫が観察方々しばらくじっと見てて産み立てを貰ってき、真っ白いごはんにかけて何年ぶりかで美味しい卵ごはんかけを食べました、つい3日前の出来事でした。こんなことが偶然話の仲間にはいれるとは嬉しい限りでした。  

産みたての卵掠めて夏の昼

 投稿者:釣爺  投稿日:2017年 7月31日(月)16時38分11秒
返信・引用
  戦後の食糧難の時代、我が家で飼っていた鶏は毎日昼過ぎに卵を産んでいました。
時々、その卵を狙っていました。鶏が座り込んでから、卵を産むまでに30分位かかったと
思いますが、その間、私も鶏小屋の前に座り込んでじっと待っているわけです。
鶏が卵を産み落とすと同時に小屋に飛び込んで、卵を掠めて逃げていました。
その卵に2ヶ所穴をあけて、生卵を啜っていました。
「修二!またお前が盗ったんだろう!」と、よくお袋に怒られていました。
産んだばかりの卵って、まだ殻が軟らかく、温かかったのを憶えています。
 

レンタル掲示板
/130