teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:110/124 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

迷走する政治もさることながらこの政事

 投稿者:憂国への一言居士メール  投稿日:2007年11月 8日(木)13時29分33秒
  通報
  今朝の日経を読んでもウンザリ。今回、小沢一郎は自らの能力をはっきりと露出した。恥ずかしい、やめるべきだったのに。自分の独断なのに、紙を見て読むな!自分の頭で考えて話しなさいよ、結局は仲介をされたからあのような結果になった、と人のせいにして、あれでは10代の子供レベルの行動としか言いようが無い。石原慎太郎もドイツの小説で映画にもなった『ブリキの太鼓』の主人公になぞって小沢君を批判していた。同感!
民主党とて、自民党とて、政界全体も然り。

この小沢ひとり劇の間に大問題の防衛庁元事務次官だった守屋をはじめとする汚職問題が一時的に翳ったので、これは、ひょっとして世間の注目をそらせるためかも、と解釈しようにもあまりにお粗末で、そんな知恵すらない輩たち。誰か居ないの?本物の実力リーダーは。世界の潮流を変えないと、大戦争になるかも。経済が行き詰まるとまた起こりうる情勢は、戦争。こうなると、グローバル化はやめて、みんな静かに自然と共生して原始的な生活にもどろうよ、と思いたくもなるほど、技術革新も生産性向上も便利、効率も悪に思えてくるから悲しい。気を取り直してポジティブ思考に立ち戻り、人間社会は今何が急務かを思い知るべし。理想論はやめて現実論で実践しないと、豊かさへの戦いから生存の戦いがもっと明白に日常化することは間違いない。

人それぞれとは言え、お金、冨にしか関心がない輩が横行する人間集団。死ぬときは、何ももっていけないと言う、現実を再確認しよう、だから生きているときに奪い合うと言う発想も悲しい。

先日のどこで起きたニュースでしたっけ?
鹿が集合住宅の廊下に侵入したことで、大騒ぎ。動物園の飼育係にでもお願いして、優しく鹿に退去をお願いすればすんだことなのに。
まるで猛獣退治のようにガラスは壊され、鹿は益々怯え、パニック状態、結局捕獲され、その場でツノが切り取られて、運び出された後ショック死に追い込んだ人間たち。
君たちはアフリカをはじめとする自然の豊かな場所へ行って、サファリなんかに行く資格はもう無いぞ!鹿たち、動物の領土へ踏み込んで開発して押し入ったのは、人間だ!この際は、絶対に動物たちに同情をする。
安らかに!ごめんなさいね、助けることが出来なくて。本当に胸が痛んだ事件でした。

テロ対策給油支援再開にアメリカ当局も日本政府に特使を派遣してきた、東京赤坂の一等地にある広大な米大使館の土地代(破格の年間250万円の値上げをごねて、ここ1,2年支払いも拒否しているそうな)も踏み倒しながら、まだお金や油をおねだり。それに答える日本の情けない政府、いい加減にして欲しい。善意に使うならまだ許せるが。。。

米ドルの弱体化に伴い、水面下で着々と進むアメロ通貨構想(カナダ、アメリカ、メキシコ)、アジア通貨も具体的に考えたら?もう中国が音頭をとってASEANやロシアあたりと具体化していて、日本は蚊帳の外かもしれない金融中心の世界情勢。
結局ユーローは、問題、難題を孕みながらも実現させた西欧の英知は、ある意味で読みは深かった。
残り1年のブッシュ政権でも世界経済のゆがみは前進。一刻も早くやめさせて、ヒラリーが暗殺に遭わないようにアメリカ市民はまだマシな政権に交代させるべき。彼女にも当然限界は最初から眼に見えているが、西欧を含むリーダーたちは、魂に目覚めて、この際どうしようもない日本であっても誘ってやって、テロ戦争をやめさせる会議を行うべきとき、今まさに、違いますか?
現状をわかっていても、世界経済を停滞させないように、現状維持にのみたたずむ世界のリーダー(偽善者)たちは、大問題を先送りして政権の座(背後のオイル、武器商人の手先)に座っているだけ。
アメリカの極端な気象状況変化(旱魃と洪水)二酸化炭素を世界一発生していても未だ低減に努力するでもなく発生を食い止める機運が起こらないブッシュ政権を容認しているアメリカの末路。

戦後のブレトンウッズ体制が崩壊し、スミソニアン体制で1972年でしたっけ?パッチを当てて引きずってきたこの60年、或いは30年も明らかに限界。地域通貨の時代に入ることは間違いない。

日本人に、これからは貯蓄ではなくて投資の時代!とまたアメリカ政府、米日金融業会が無心にだまして、このまま自民党の政治屋に任せているうちに気がついたとき、あちこちに出来た高層ビルは高層集合住宅のインフラが止まって、貯蓄も資源もなく貧しくなったことにはじめて気づくのかも。。。毎日34階の自宅を階段で上り下りし、電気もガスも水道も止まって、こんなはずではなかったのに、と野宿を余儀なくされることにならなければ良いが。。。
JR市川駅前に建設中の高層集合住宅も建設半ばではあるが、既に完売済みとか、しかし手抜き工事発覚、それを作業ミスですって。笑っちゃう、言葉のごまかしが通用する日本社会は、個人がしっかりしていないからだとつくづく思った。世間ではそれでも豊かにペットをつれて海外旅行(JTB一括委託で最低料金25万円から飛行機、検疫を含む移動のみ)をする優雅な勝ち組(ずる賢く勝ち組みに)が居る世相。これがいつまで続くのか。。。
 
 
》記事一覧表示

新着順:110/124 《前のページ | 次のページ》
/124