投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 徳富蘇峰(15)(岩さん)
  2. ●やっぱり演歌を聞くと癒されるね(136)(管理人)
  3. 高山市・新火葬場について意見交換(30)(管理人)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


八王子の共産党も化けの皮が剥がれる

 投稿者:よね  投稿日:2019年 4月18日(木)01時58分52秒
返信・引用 編集済
  沖電気八王子工場と戦い反権力人権賞を受賞した田中哲郎氏を
八王子の共産党は支援したそうだ。

僕が鳥取の共産党の不可解な対応を八王子の共産党に話すと
「そんなこと通常ありえない。鳥取に事情を聴く」と回答。
その後電話をかけると「鳥取県委員会は”対応する必要はない”と言った。
あなたは病気だから治療してよくなってから活動してください」
と権力にへつらう対応。

さらに「あなたはリコーから風説が立ったと言うが証拠がない。
証拠がないのに事情は聴けない」と鳥取県委員会と同じことを言う。
常識で考えれば証拠がなくても、思料すればいい。
共産党が支援した田中哲郎氏の主張も証拠などなく
最高裁でも沖電気の主張が認めら田中氏敗訴。

鳥取のリコー関連の風説なんて、僕が非常識なことをしていたから発生したものだし
僕と同趣味のジョギング愛好家やらリコー社員やら某建設社員やらの曖昧な話でそれは置いといて
共産党鳥取県委員会にかけた電話で、頑なに名前を言おうとしなかった女性は誰か?
を調べる責任は八王子の共産党にもある。
女性との電話録音 http://greenvxv.jp/ghs.mp3
この女性は誰か?と追及しているのに共産党は無視。


反権力人権賞した八王子の田中哲郎氏

http://

 

大変ですね:

 投稿者:岩さん  投稿日:2019年 4月16日(火)08時24分31秒
返信・引用
  中高年のひきこもりが問題化している。内閣府が3月に公表した調査では、40~64歳の推計61万人が自宅に半年以上閉じこもっているとされた。80代など高齢になった親が、ひきこもる50代ら中年の子を抱えて困窮する「8050問題」が深刻になっており、自治体は対策を模索する。


中高年ひきこもり61万人 内閣府が初調査
社会
2019/3/29 10:26
内閣府は29日、自宅に半年以上閉じこもっている「ひきこもり」の40~64歳が、全国で推計61万3千人いるとの調査結果を発表した。7割以上が男性で、ひきこもりの期間は7年以上が半数を占めた。15~39歳の推計54万1千人を上回り、ひきこもりの高齢化、長期化が鮮明になった。中高年層を対象にしたひきこもりの調査は初めて。(以上、日経電子版抜粋)


大変ですね。
自公維新政権と変わりうる、民の方に向いた政権欲しいけど、可能性あるのか知らん?

我が田舎は先の県会議員選、無投票選。。
それで選挙用紙は、半分に切って、本のここまで読んだ(しおり?)にした。

選挙権、投票権あっても使えず、何か差別された感じがした。
こういう選挙区、全国で、今回も随分とあったらしい。

恵まれた年金者は、30万位の月年金あるらしい。
しょのみ(うらやましがる)よると思われるといかんけど、人生結構しもたありですね。
しもたを標準語にしようと思ったけど、「しまった」でよかでしょう。
今あるものを回して、頑張りましょう。

さて、、今日も、勉強するゾー!! 生きとる限り。
読み残した本と、再読したい本、たくさん。買っといて助かった。ホイ!
 

Re: 資本主義

 投稿者:夕日  投稿日:2019年 4月15日(月)21時49分41秒
返信・引用
  K さんへのお返事です。


エントロピーの故か、日本人の受容能力あるいは修正能力の業か、ようわからんが、たしかに仏教ではお釈迦さんが悟ったことと、ワシらの周囲でいま見聞きする仏教なるものはほとんど別物のようである。
自分が悟ることと、他人を救うことなんて、どうすりゃ結びつくんやろか、ワシにはサッパシや。

日本人は禁欲主義で、かつ勤勉、なんて外人に言われれば、そうかもと思わんこともないほど自覚する部分もあるが、ではどこの国より勤勉か、と問われればなんともいえない。どうも日本人以上に勤勉なところもあるようだし。
だが少なくともワシらの世代までは、休みなく働いても、褒められることはあっても、仕事中毒だとか、一日何回かの礼拝をしなかったとか、安息日にまで働いて、とか非難されることのない国だった。

一般的にいわれる日本人の勤勉性は、江戸期以降、鈴木正三や石田梅岩により、資本主義に向く勤労絶対の規範を既にもっていたようで、であればこそ明治以降の近代化をスムースにしたともいえる。
資本の蓄積は、本来、仕事に対する勤勉さと、自己抑制的禁欲、あるいは倹約によってもたらされるものではないのだろうか。そして幸い日本人には、勤労絶対の規範があった。
それ故、欧米人が有色人種に対し圧倒的力でマウンティングしていたにも関わらず、日本だけが欧米に屈せず追い付いたともいえる。

プロテスタントが神に嫌われないように勤労に励んだのか、カトリックの権威主義に抵抗し、より世俗に溶け込みやすい信仰として勤労に宗教的意義を見出したのか、それはわからない。
ま、ワシャ、神社庁所属の神社系がカトリック、昔からある村の鎮守のお社系がプロテスタントと勝手に理解して、結果的に、プロテスタントは勤労とその恵みに宗教的意義を見出した規範を持ったからこそ資本の蓄積に結び付いた、と思いたい。

原典は同じでもカトリックやイスラムならこうはならないんじゃないか。
宗教的日常生活をおくることが絶対的規範であり、この絶対的規範を守らず勤労にいそしむ者は、むしろ神を冒涜する異端者で、また勤勉の結果としての得利でさえ、汚らわしいと考えていたかもしれない。
日本で云えば、朱子学ガチガチの松平定信が、世間世情に通じた政策をとった田沼意次の政治を徹底的に貶めたように、いやそれ以上の敵意を以って、カトリックはプロテスタントに接しただろうが、しかし、これを最優先すれば生産的世俗的生活は効率化しない。当然、世俗的余裕も生まれない。



資本主義には悪の面があるともいえるが、しかし大方の国家国民にその恩恵をもたらしたことも事実。
山本七平は著書の中で、

“所有と貸借を明確にしてごまかさないことが正直の定義だが、この発想がない限り、近代的な資本主義は成立しない” と述べている。
正直で、いかなる仕事、いやスポーツでさえ宗教的修行に結び付け、○○道にしてしまうのが日本人だが、
“自分のものだか共同体のものだか明確でなく、収入も自分の収入か一族の収入か明確でなく、貸借も、貸したのか与えたのか、借りたのかもらったのか明確でないという社会は決して少なくない”

そうなんだよな。つまりこれが言いたかった。
資本主義にまったく向かない人種が、つまりゴンベエからシナ朝鮮に至るまで。
非日本的なものが、伝統的資本主義社会の日本を資本主義的作法でマウンティングにかかってる。


?
 

戦国策:

 投稿者:岩さん  投稿日:2019年 4月15日(月)19時16分7秒
返信・引用
  戰國策  漢 劉向 集録
アマゾンで見ても、安くて、いいもの見つからず。
日本の古本屋で、中国出版のを探せば、安くて、買い得ある感じ。

生きるか死ぬかの決断をせねばならぬ時、こういう書物は面白いと思う。
合わせて地図、年表の詳しいのがあれば、一段と今に近ずけましょうか?

最近思うのは、地図を見ながら、中国よ、いい加減にせんかということですね。
この先例は、西南の役の折、死ぬ前の木戸孝允がつぶやいた、
「西郷、もうええ加減にせんか、」

米中戦争前夜、どうしたら避け得るか?

 

Re: 資本主義

 投稿者:K   投稿日:2019年 4月14日(日)19時21分2秒
返信・引用
  > No.10087[元記事へ]

夕日さんへのお返事です。

キリストさんもお釈迦さんも、何においても、その初代が悟ったことを弟子に伝えることは難しく、さらにその先となると、エントロピーが増大する方向に向かわざるを得ないんじゃやないですかね。

マルティン・ルターもユダヤを取り込もう(彼曰く、救おうと)したそうだけんど、従わないと踏むやいなや、ユダヤ教徒のことをボロカスに言うようになったそうな。そんなルターから始まったプロテスタントだけんど、原理主義と言うか清教徒と言うか、とにかく神に嫌われることを恐れるがゆえに無欲に懸命に労働に励んだそうな。当時、クリスチャンは長年にわたって冒し続けた罪を罪と思わず、だいぶ神経がマヒしていたと思われる。

やがて、無欲で労働を好むプロテスタントは、ユダヤに利用されることになったのだと思います。もともと資本を蓄えていたユダヤ。滅私奉公で働くことをいとわないプロテスタント。封建時代から時間が経ち、やがてはブルジョワとプロレタリアの原型が成立。別に見方をすれば近代資本主義の原型が成立、やがてそこを突くのがカール・マルクス。

ルターもマルクスもドイツ人。一連の出来事を隣国フランスはどう眺めていたのだろうと思う。フランスはともかく、ヒトラーの帝国もかつてのソビエトもユダヤにひどいことをしたのだけんど、それなりに理由はあったってこと。現代の考えからすれば決してやってはいけなかったことだけんど、戦後の世界はユダヤ人はプロテスタントをつかい、世界の勝者のような立場。アメリカと言う国さえコントロールしている。

ドイツは鍵十字の亡霊に縛られて、ユダヤ資本に文句を言えない状態で、それがヨーロッパ世界の常識となっている。フランスと言う国は、第四共和政の成立にユダヤ資本が深くかかわっている。初代首相のドゴールの縁戚には、祖先を同じくするロレーヌのユダヤ系大資本家がいたと言う話は本当だと思う。その祖先とは、ジャンヌダルクの家系である、とのことらしいどす。(れ

 

政官業:

 投稿者:岩さん  投稿日:2019年 4月14日(日)07時45分0秒
返信・引用
  日本の財政状況を見ると、中央政府から国債費を除いて1年間に140兆円もの資金が放出されていることが分かる。
社会保障支出が90兆円、各種政策支出が30兆円、地方自治体への交付金が20兆円だ。

社会保障支出の太宗は医療費、年金、介護であり、大多数の主権者への支出ということになるが、
残りの50兆円の資金の大半が政策支出になる。

この政策支出が巨大な利権を生み出している。
                                                     (植草さんブログから)

日本にお金はあるのでしょうか?
あるとすれば、何処にあるのでしょうか?
限られたお金を、どう分配すれば、国と民人によい分配になるのでしょうか?

子供みたいな質問ですけど、熊本地震3年とか報道、個人的には、もうほとんど忘れつつある。
ただ周辺では復旧工事の音やまず、見てて多少の疑問なきにしもあらず。
ただ寝るところを求めて市役所の二階にごろ寝したこととかは覚えておる。

それと地震保険、これにたまたまかたっておった(加入してた)ので、生き残れた。

地震対策、庶民の方は、これを参考にしてみたら如何でしょうか?
保険がなかったならば、今頃大変だったでしょうね。出費、出費で、パンクしてたかも。

アメリカでも天災、人災には保険、これが命綱です、
交通事故にあった時、保険屋がさっさとチェックを切った、アメリカの実像に、びっくりした。

日本では助けることだけが取り上げられますが、保険の重要性、もっと認知されるべきでしょうね。
天災、人災、いつ来るかわからん、健康保険、国民保険、介護保険、プラス風水害地震火事、、払うの大変ですが、
もう少し自助を教えるのも必要か?
そうしないと財政回らんようになりましょうか?




 

共産党は自民党推薦鳥取県知事の味方?

 投稿者:米村  投稿日:2019年 4月13日(土)16時47分1秒
返信・引用 編集済
  「安倍退陣!」なんて戯言を言っても問題ないが
「鳥取県知事はけじめをつけろ」なんて言うと
先の知事選で対立候補を立てていた地元鳥取の共産党関係者は
「とんでもないこと言うヤツだ。そんなこと関わりたくない。米村は相手にするな」
と入党を拒否するのだから。。。。

http://5ken5.kurofuku.com/

 

Re: 米中戦争を避ける:

 投稿者:岩さん  投稿日:2019年 4月13日(土)09時20分45秒
返信・引用
  > No.10086[元記事へ]

アメリカと中国、超大国、日本はどちらとも組まねばならぬ。
間にある国として。

アメリカ全部と中国全部。数百年と数千年と。

日本も天皇陛下と名も無き民全員と共に、関与あるべきか?

アメリカ全部の文化、文明と、中国全部の文化、文明。
今のみを見ておると、過つかな。



> https://www.businessinsider.jp/post-182719
>
> ツキディデス、どうなるのでしょうか?
 

資本主義

 投稿者:夕日  投稿日:2019年 4月12日(金)11時42分22秒
返信・引用 編集済
  プロテスタントの思想が資本主義を生んだ、と聞いたような気がする。
日本で、似たような説教をして歩いたのが禅宗?の鈴木正三(しょうさん)である。

宗教のことは知らないが、江戸初期、家康の元を離れ武士を捨て、坊主になった人らしい。
その論は、士農工商、すべて世の為、自分に与えられた仕事に専念することが仏行になる、修行になると。
その励んだ結果として利が得られたとしても不当なものでなく、天の福であると。
されど、修業として自分の仕事に励むのであって、利を追及してはならず、あくまで結果としての利である。

不思議なことに、この説教は宗教に縁なきワシにもよく腑に落ちる。
もう60年近く前になるが、入社時に聴いた、我が社のモットーは、社業を通じて社会にご奉仕、になんとなく通じるからである。
近頃何かといえば、ボランティアが流行る。学生は学業を放って、勤め人は仕事を休んでボランティアに励む。
ふ~~ん、本来の仕事よりそんなモンかねえと、多少いぶかるワシがヤッパシ古いのか。

ゴンベエが、フランス人か、ラジル人か、はたまたレバノン人かしらないが、彼の所業を見れば、彼は仏教徒は勿論のこと、プロテスタントでもない。
他のおおかたの宗教も、朱子学がそうであるように銭儲けを毛嫌いし、銭・銭・銭を追及するような宗旨はもたないだろうから、たぶんゴンベエは筋金入りの無宗教なんだろう。
しかし西洋社会で無宗教者だと軽蔑されると聞いた。なんでこんな人間が資本主義社会の立役者になれるんかねえ。


 

米中戦争前夜:

 投稿者:岩さん  投稿日:2019年 4月12日(金)07時45分15秒
返信・引用
  https://www.businessinsider.jp/post-182719

ツキディデス、どうなるのでしょうか?
 

/869